K-one Racing Team

ホイールアライメント

タイヤはホイールとセットされてクルマに取り付けられ、サスペンション機構として足まわりを構成しています。
とくに前輪のホイール(タイヤ)には、車体と路面に対して接地性や操縦安定性を維持するために、下記の4種類の異なる角度が設定されています。これをホイール・アライメント(Wheel Alignment)といいます。
キャンバー
荷重がかかることでホイールが下開きしないよう(ハンドルが重くならないよう)、あらかじめ上開きにしてあります。
●ポジティブ・キャンバー
前から見て逆ハの字型(通常の設定)
●ネガティブ・キャンバー
前から見てハの字型(特殊な設定)
※過度のポジティブ・キャンバーの設定はタイヤの外側を早く摩耗させます。
トー角度
ポジティブ・キャンバーのある前輪は、そのままだと走行中に前開きになろうとする(キャンバー・スラスト)傾向があるので、直進性を保つためにあらかじめ内股状態(トー・イン)に調整してあります。
過度に設定するとタイヤはフェザーエッジ摩耗します。
キャスター角度
バイクの前輪ホークと同じで、ホイールの横振れを防止し、ハンドルを切ったときに、ホイールを直進方向にもどそうとする力を働かせるための傾斜角です。
調整不良だとタイヤはフェザーエッジ摩耗します。
SAI(操向軸)角度
路面からの入力によるハンドルのとられを減少させるため、前輪軸を前車軸に連結するピン(ボルト)に付ける傾斜角度のことです。

ホイール・アライメント・テスター

ホイール・アライメントは、タイヤ、ホイールをインチアップしたり、前輪を縁石にぶつけたりすると微妙に狂います。操縦安定性の維持とタイヤの異常摩耗を防ぐためにホイール・アライメント・テスターで点検し、調整をしましょう。リアタイヤにもアライメントが設定されているクルマが多くなっているため、前輪後輪すべてのアライメント・チェックが必要です。

ステア特性

コーナリングの際、ハンドル(ステアリング)を一定角度に保ったまま、徐々に速度を増したときに走行軌跡がどうなるかという、車両の円旋回特性をステア特性と言います。
車両のステア特性は、車両の前後軸の重量配分とタイヤのコーナリングパワー(CP)の大きさで決まります。
アンダーステア
旋回円の外側に外れていくため、ハンドルを切り増しする必要のある旋回特性です。一般に、弱アンダーステアが安定性が良く操縦性が良い(ドライバーにとって安全である)といわれています。
アンダーステアになる要素
 前輪タイヤCP<後輪タイヤCP
オーバーステア
旋回円の内側に外れていくため、ハンドルをもどす必要のある旋回特性です。
オーバーステアになる要素
 前輪タイヤCP>後輪タイヤCP
ニュートラルステア
走行速度に関係なく元の旋回円を走行する特性です。

ロープロファイル化>>